HOME > 遺言で困ったことを解決! > 遺言の書き方を教えて

あなたが遺言で困っていることは何ですか?

遺言の書き方を教えて

自筆証書遺言は以下の作成要件を守れば自分で作成することが可能ですが守っていない場合、法的に無効となってしまう場合がありますので一度、専門家にご相談ください。
自筆証書遺言はすべて自筆で書くことが前提となっていますのでご注意ください。


参考までに書式の例を下記にご紹介しております。

縦書きの書式例
横書きの書式例

書式の縦書き・横書きはお好きな方でお書きいただけます。
また、上記のように条立てにして書く必要もありません。
自筆証書遺言は、どのように書くかは遺言者の自由ですが、少なくとも誰に何を相続させるのかが読んだ人(相続人)にきちんと伝われることが必要です。
その点のみ押さえておけば、あとはどのように書くかは遺言者の自由です。


→より詳しく知りたい方は、「遺言書の作り方」のページへ

あなたが遺言で困っていることは何ですか?

  • 遺言の書き方を教えて?
  • 遺言はどうして必要なの?
  • 遺言にはどんな種類があるの?
  • 遺言に残したことは全部有効なの?
  • 遺贈って何?
  • 遺留分って何?
  • 何枚も遺言が見つかった場合は?
  • 遺言がない場合の相続はどうなるの?
  • 遺言書を作ったと聞いていたのに見つからない!あるかどうか分からないのですが、
  • 遺言書に書かれた財産が既になくなっている場合はどうなるのですか?
  • 故人の残した遺言書の内容と違う形で財産を分けたいんですが、
  • 事務所紹介
  • 報酬体系
  • あなたのやるべきことが分かります!