HOME > 遺言で困ったことを解決! > 遺言はどうして必要なの?

あなたが遺言で困っていることは何ですか?

遺言はどうして必要なの?

以下に3つの理由をあげておきます。

遺産争いを未然に防げる! 故人による遺言がない場合、法律で定められた相続分配を基準に相続人の分割協議によって財産の割合を決定していきます。
しかし、こうした当事者間の話し合いが必ずしも順調に進んでいくという保証はなく、それまで仲の良かった親族が相続をきっかけに不仲になるという話は少なくありません。
このような醜い相続トラブルを未然に防止するという意味でも、元気なうちに家族の為に遺言を残しておくことは重要です。
財産を確実に残せる! あなたが今までいろいろとお世話になって、心より財産を遺してあげたいと思っている人でも、法律上、相続人になれない人(例えば、内縁の妻、同居している長男の嫁)に財産を遺してあげるには、遺言書にその旨を記載するしかありません。 
相続手続きがスムーズになる 遺言があれば相続人全員で遺産分割協議をする(印鑑をもらう)必要 がないため、相続人間で揉めることもなく、相続登記(名義変更)などの手続がスムーズに行えます。

あなたが遺言で困っていることは何ですか?

  • 遺言の書き方を教えて?
  • 遺言はどうして必要なの?
  • 遺言にはどんな種類があるの?
  • 遺言に残したことは全部有効なの?
  • 遺贈って何?
  • 遺留分って何?
  • 何枚も遺言が見つかった場合は?
  • 遺言がない場合の相続はどうなるの?
  • 遺言書を作ったと聞いていたのに見つからない!あるかどうか分からないのですが、
  • 遺言書に書かれた財産が既になくなっている場合はどうなるのですか?
  • 故人の残した遺言書の内容と違う形で財産を分けたいんですが、
  • 事務所紹介
  • 報酬体系
  • あなたのやるべきことが分かります!