HOME > 遺言で困ったことを解決! > 遺言にはどんな種類があるの?

あなたが遺言で困っていることは何ですか?

遺言にはどんな種類があるの?

有料ですが、公証人役場において公正証書遺言というものがつくれます。
以下3つの遺言の種類をご紹介します。

遺言の種類

公証人役場に行き、公証人に遺言書を作ってもらう遺言のことです 公証人役場に行き、公証人に遺言書を作ってもらう遺言のことです
自筆証書遺言 いつでも好きなときに作れる最も簡単な遺言書です。
ただし、法的に効力のある遺言とするためには、一定の要件を満たす必要があります。
秘密証書遺言 遺言の内容を秘密にしておける遺言です。公証人1人と証人2人以上の前に封書を提出して、自己が遺言者であることを申述します。
※本人又は代筆、ワープロ、タイプライターにより作成が可能

上記3つのうち公正証書遺言にしておけば、遺言書の効力に関する争いの大部分を防ぐことができます。


→より詳しく知りたい方は、「遺言って何?」のページへ

あなたが遺言で困っていることは何ですか?

  • 遺言の書き方を教えて?
  • 遺言はどうして必要なの?
  • 遺言にはどんな種類があるの?
  • 遺言に残したことは全部有効なの?
  • 遺贈って何?
  • 遺留分って何?
  • 何枚も遺言が見つかった場合は?
  • 遺言がない場合の相続はどうなるの?
  • 遺言書を作ったと聞いていたのに見つからない!あるかどうか分からないのですが、
  • 遺言書に書かれた財産が既になくなっている場合はどうなるのですか?
  • 故人の残した遺言書の内容と違う形で財産を分けたいんですが、
  • 事務所紹介
  • 報酬体系
  • あなたのやるべきことが分かります!