HOME > 遺言で困ったことを解決! > 遺言に残したことは全部有効なの?

あなたが遺言で困っていることは何ですか?

遺言に残したことは全部有効なの?

たとえ法的に有効な遺言書でも,書いてあることすべてが認められるわけではありません。


法定相続分よりも遺言が優先されますので、法定相続分に反している遺言も有効です。しかし、民法は残された遺族のために最低の保証として、遺留分(相続人に最低限保証される財産の割合)を認めています。法定相続分に反した遺言がされた場合でも、遺留分までは奪うことはできません。

遺言>法定相続分

もっとも遺留分に反した遺言も直ちに効果がなくなるわけではありません。


どういうことかと言うと、
遺留分は、遺留分を侵害された相続人から「遺留分を返せ!」
という遺留分減殺請求をしないといけません。つまり、遺留分は言わないともらえないものなのです。
相続人が一定の期間内に遺留分減殺請求をしない限り、遺留分を取り戻されず、結果、遺留分に反する遺言の内容が実現されることになります。

上記3つのうち公正証書遺言にしておけば、遺言書の効力に関する争いの大部分を防ぐことができます。


→より詳しく知りたい方は、「遺言って何?」のページへ

あなたが遺言で困っていることは何ですか?

  • 遺言の書き方を教えて?
  • 遺言はどうして必要なの?
  • 遺言にはどんな種類があるの?
  • 遺言に残したことは全部有効なの?
  • 遺贈って何?
  • 遺留分って何?
  • 何枚も遺言が見つかった場合は?
  • 遺言がない場合の相続はどうなるの?
  • 遺言書を作ったと聞いていたのに見つからない!あるかどうか分からないのですが、
  • 遺言書に書かれた財産が既になくなっている場合はどうなるのですか?
  • 故人の残した遺言書の内容と違う形で財産を分けたいんですが、
  • 事務所紹介
  • 報酬体系
  • あなたのやるべきことが分かります!