HOME > 遺言で困ったことを解決! > 遺贈って何?

あなたが遺言で困っていることは何ですか?

遺贈って何?

簡単にいうと、遺言によって遺産を相続人以外の者に譲ることをいいます。
以下に相続と遺贈の違いをあげておきます。


相続 相続人が当然の権利として財産の全てを承継することです。
遺贈

「遺言」によって遺産の全部又は、一部を無償、あるいは、一定の負担を付して相続人以外の他の者に譲与することをいいます。
もらう側(受遺者)の意思とは関係なく、あげる方の一方的な意思表示、つまり遺言により生じます。ただし、遺留分に関する規定に違反して遺贈はできません。


遺贈


万が一、遺言者より先に受遺者が亡くなった場合は、遺贈の効力は生じません。したがって、受遺者に相続人がいたとしても遺贈される地位は相続することはできません。

あなたが遺言で困っていることは何ですか?

  • 遺言の書き方を教えて?
  • 遺言はどうして必要なの?
  • 遺言にはどんな種類があるの?
  • 遺言に残したことは全部有効なの?
  • 遺贈って何?
  • 遺留分って何?
  • 何枚も遺言が見つかった場合は?
  • 遺言がない場合の相続はどうなるの?
  • 遺言書を作ったと聞いていたのに見つからない!あるかどうか分からないのですが、
  • 遺言書に書かれた財産が既になくなっている場合はどうなるのですか?
  • 故人の残した遺言書の内容と違う形で財産を分けたいんですが、
  • 事務所紹介
  • 報酬体系
  • あなたのやるべきことが分かります!